時事・一般常識に関する質問(知識)

あなたは政治に関心がありますか?―面接(知識)

それほど政治についての知識をもっていなくても、新聞やテレビなどを見て「日本はこの先どのようになるのか注目している」というぐらいの関心で問題ない。与党や野党の役割、などの基本的な知識を持っているのであれば十分である。

回答 1

まだ選挙権がないため、興味があるというほどではありませんが、最近選挙が近くなりますと、新聞やテレビなどで頻繁に報道されるため、少しずつですが関心が出てきました。今まで続いてきた日本の政治が今後どのように変化していくのかは、とても興味深いことです。

面接志望者が政治に興味があるかどうかがわかればよいので、回答例のような内容で問題ない。選挙権のある面接志望者はもう少し突っ込んだ内容でアピールすると良いが、あまり細部にこだわって話さないように注意しよう。

回答 2

はい、政治に関心があります。自分が生活する國の、もっとも重要なところですから、無関心でいるのは良くないと思います。新聞の政治欄は少し難しいのでなじめないのですが、テレビのニュースでは解説者がわかりやすく伝えてくれるのでよく見ています。

選挙権を得る前の面接志望者の場合、新聞の政治欄が難しく感じることに面接担当者も納得できるが、選挙権を持っている場合は納得してくれないので注意する。

回答 3

はい、興味があります。私は、○○党の○○氏を応援しています。理由は日本のこれからを真剣に考えているように感じるためです。××党は最近、不祥事も多発していますし、口ばかりでよくありません。

自分がどの政党を支持しているかなど面接の場で話すべきことではない。どうしても自分なりの政治に関する考えがあり、政党を口に出さなくてはいけない場合、軽々しい感じにならないように注意して話そう。

関連リンク / 時事・一般常識に関する質問(知識)

次へ進む

トップーページ(面接)へ戻る

▲先頭へ戻る

わかりやすい【面接】