志望動機を極めよう

志望動機の基本について

一言メモ

志望動機のクォリティを高くし他の面接志望者に負けない入社熱意を訴える。

面接担当者は本音を知りたい

志望動機は自己PRと同じように、就職面接において絶対聞かれる質問である。とくに志望動機は最終の役員面接にまで質問されるので大変重要だ。「どのような理由で当社を志望したのか」は面接担当者にとってもっとも知りたい回答の一つである。また、知っておかなければいけない事項でもある。志望動機の内容から入社意欲がはっきりとわかるのだ。

面接担当者に入社熱意を遠慮なくぶつける

会社にとって採用した人材がすぐに退社してしまうことは最大のリスクである。将来会社にとって戦力になると見込み採用した結果、すぐに辞めてもらっては、面接担当者の面目丸つぶれだ。人材募集にかけたコストや時間がすべて無駄になってしまう。

このような背景を考えると、しっかりまとめられた志望動機を用意することにより、入社への意欲および熱意を面接担当者に伝えることで、面接担当者が抱えている危惧(リスク)を解消することができるのだ。

完璧な志望動機の構築

完璧な志望動機とはどのようなものを指しているのだろうか疑問に思うものも少なくないだろう。希望する職種に対する適正があり、その仕事を通じて、会社に貢献できる能力を具体的かつ明確に言い表せばよい。

希望する会社を理解する

しかし、実際に面接担当者を納得させることのできる志望動機を構築することは、考えている以上に困難を伴うものだ。まず、希望の職種があるか、その職種の仕事内容が理解できているか、その仕事に適正があるのか、などを判断し、面接担当者へ伝えなくてはいけない。さらに、自分の能力をいかんなく発揮できる会社選択という問題もある。

希望する会社を選択した理由はどこにあるのか、である。大企業で知名度があるから、給料が良さそうだから、企業イメージがよいから、福利厚生施設の充実度に心打たれたから、など考えるものもいると思うが、これは感覚的、しいては幼児的、情緒的な理由であり、決して志望動機として回答してはいけない。

志望動機は社長の経営理念に共感を覚えた、他の会社では見られないオリジナル性ある商品に魅力を感じた、といった希望する会社でなければいけない理由を回答にしたい。

志望動機は社長の経営理念に共感を覚えた、他の会社では見られないオリジナル性ある商品に魅力を感じた、といった希望する会社でなければいけない理由を回答にしたい。

トップーページ(面接)へ戻る

▲先頭へ戻る

わかりやすい【面接】