女性志望者への質問

地方への転勤は可能ですか?

見本となる回答

  • 質問
  • 地方へ転勤を命じられたらどうしますか?
  • 回答
  • はい、転勤します。
  • 質問
  • 転勤となると家庭はどうします? もし子供がいた場合、転勤は難しいように思いますが。
  • 回答
  • たしかに男性社員と比べると困難が伴うと思います。しかし、女性であるからといい例外が許されるとは思っていません。家庭や子供がいた場合についても、家族の協力を得て仕事をしたいと思います。

この質問の意味

転勤することの困難さの理解を探る

この質問でいう地方とは転居のことである。女性にとって転勤は男子社員に比べ困難を極める。単身では両親の反対にあい、既婚していれば夫の意見を聞く必要もある。まして、子供がいる場合、自分一人の都合だけでは簡単に動くことができない状況だってある。しかし、総合職、キャリア志望に求められる採用条件を拒否すれば、内定を得ることは困難であろう。

従って回答ではあくまで「はい」を貫くしかない。困難を克服して仕事を継続する意欲をしっかりとアピールし、転勤に対して後ろ向きである印象を面接担当者に与えないようにしよう。

NGワードと回答例

はい、会社の指示に従います。しかし、転勤の辞令を受けたとき、結婚していた場合、夫の意見を聞かなくてはいけませんし、様々な困難があると思います。基本的には転勤先で仕事を頑張りたいと思っています。

はじめから「そのときになってみないとわからない」といった発言は、面接担当者からみると「転勤を受ける意志が薄い」と感じ取られてしまう。

結婚や家庭の話なので、おそらく未知の部分が多いと思うが、面接では「転勤できます」と回答する。事前に、将来の生活設計について考えておき、回答に迷いを感じ取られないように注意しよう。

回答のヒント

  1. 「転勤できます」という回答する
  2. 転勤の難しさを十分理解していることを伝える
  3. 将来の生活設計を考えておく

トップーページ(面接)へ戻る

▲先頭へ戻る

わかりやすい【面接】