女性志望者への質問

結婚後、仕事を継続することは可能ですか?

見本となる回答

  • 質問
  • あなたが結婚した場合、仕事を続けることはできますか?
  • 回答
  • もちろん続けます。
  • 質問
  • しかし、家庭と仕事の両立は困難を伴いますよ?
  • 回答
  • わかっています。また、結婚を現実問題として考えられませんが、結婚するときは二人で将来の生活設計をよく話し合い、最良の方法をとります。
  • 質問
  • 子供ができた場合はどうしますか?
  • 回答
  • はい、やはり二人で話し合い最良の方法をとります。また、私の両親は夫婦共働きをしていましたので、母から助言をもらい仕事を続けていきます。

この質問の意味

寿退社への意識について探る

この手の質問は、「結婚したら仕事はどうしますか」という文字通りの意図ではない。総合職は男子社員と同じ立場となるわけだから、結婚を理由に簡単に退社するように考えていては、採用することはできないという真意が込められている。総合職として経験を積み、仕事が乗ってきたところで「結婚することになったので退社します」では、会社側にとって損失となってしまう。総合職の責任はそれだけ重いということである。

NGワードと回答例

結婚しても仕事は継続する予定です。家庭と仕事の両立はきびしいということはわかっているつもりです。子供は作らないつもりでいますが、仮に、子供ができた場合は、そのときに考えたいと思います。現在は、保育所といった施設もありますので、あまり難しく考える必要はないと思います。

回答例では、~つもり、が多い。これでは面接担当者は疑ってしまう。強い意志が感じられない。面接担当者にすれば、「そのつもりでいたけど、いろいろな事情が積み重なった結果、退社します」といった言い訳にしか聞こえない。入社する熱意が強いのであれば、結婚後の仕事を継続する強い意志をぶつけて、面接担当者を納得させる必要がある。「将来の生活設計を熟慮し、夫となる人と今からよく話し合い決めます」というように面接担当者を説得させよう。

回答のヒント

  1. 将来の生活設計を考えているか
  2. 仕事と家庭を両立させる自信と覚悟をもっているか
  3. 育児休暇といった会社の福利厚生をしっかりチェックしておく

結婚後、仕事を継続することは可能です残業ができますか?

トップーページ(面接)へ戻る

▲先頭へ戻る

わかりやすい【面接】