集団面接を極めよう

一般集団面接の注意点

一言メモ

面接志望者を一堂に集め、不採用者を大量に選別する効率的な面接システム。

一般集団面接の行われ方

面接通知が届いたら個人面接か集団面接かをまず確認しよう。もし集団面接であった場合、一般集団面接か自由討論式集団面接か、あるいはディベート式か、集団面接の形式を確認する。自由討論式あるいはディベート式であれば、討論テーマについて下調べをするなど事前に必ず勉強しておく。

一般集団面接の判断基準

一般集団面接における、面接志望者の判断材料となるものは第一印象によるものが大きい。これが悪い順に足切りされていくと思ってもよいだろう。面接における基本的マナーがしっかり身についているかどうかによる。これは入室した段階から勝負が始まっている。  また、エントリーシートではわからない面接志望者の見た目を判断するのだから、選考基準はエントリーシートと変わりなく、めんせつ志望者は絶対突破しないといけない就職活動の初期関門といえるだろう。

一般集団面接の実践例

面接担当者 「ではaさんから順番に簡単な自己PRをしてください」
a 「私は~人間で~が得意です」
b 「aさんと同様私も~です」
c 「私は~であり~ます」

面接担当者 「では、次に志望動機を述べてください。時間がないので、できるだけ簡潔にお願いします」
a 「私は御社の独自の商品に魅力を感じました」
b 「私は御社の成長力に惹かれました」
c 「私は御社の経営理念に共感を得ました」

自由討論式集団面接の注意点

トップーページ(面接)へ戻る

▲先頭へ戻る

わかりやすい【面接】