志望動機を極めよう

日本経済再生に良い案はありますか?

見本となる回答

  • 質問
  • 現在の経済不況を打開する良い案はありますか?
  • 回答
  • 一般的に言われているのは不良債権の処理ですが、不良債権問題と景気は鶏と卵の関係にあるのではないか、と考えます。そこでMITのホール・グレイグマン教授が提唱した調整インフレ論に共感を抱いています。
  • 質問
  • なるほど、調整インフレですか。それでは説明をお願いします。
  • 回答
  • 新聞記事で拝見した程度の知識ですが、中央銀行が毎年2~3%のインフレ率を目標に金融緩和を進め……。

この質問の意味

政治や経済にどれほど通じているかを探る

ここ十数年来の低迷している日本経済に対して、政治家や経済官僚が全く効果のある手を打てず、経済学者らが様々な提言を行っているのにもかかわらず、惨憺(さんたん)たる様相が続く中で面接志望者から良い案が出てくることは面接担当者も思っていない。実際、面接担当者は面接志望者から良い案が聞きたいのではなく、政治や経済などにどれだけ関心を持って生活しているかを知りたいのである。また、理解した中で自分なりの意見を所有しているかどうかも知りたいのである。

NGワードと回答例

調整インフレが現在の不景気を打開します。日本銀行総裁は反対していますが、インフレ目標を提示し金融緩和の継続を行うと、需要サイドの投資意欲が刺激され、次第に潜在成長率との需給ギャップが解消されます。

この回答例では、調整インフレをまるで自分が考え出したものであるように語っている。 面接担当者は面接志望者が調整インフレについて本当に理解しているのか疑問を持ちますし、他人の理論を自分がつくり出したように振る舞うのは、ビジネスにおいて他人の手柄を自分のものにするやり口と同じで、こすい印象を面接担当者に与えてしまう。この質問には、新聞やテレビで聞いた経済対策の知識から簡単に自分の意見をアピールするにとどめよう。

回答のヒント

  1. 新聞、雑誌やテレビなどで触れる経済対策のやりとりを知識として語ろう。このときは知識の出所を明らかにする必要がある
  2. 知識の受け売りをあたかも持論のように振る舞わない
  3. もちろん知ったかぶりも厳禁である
  4. 身近なエピソードを元に自分の意見を語る

トップーページ(面接)へ戻る

▲先頭へ戻る

わかりやすい【面接】