仲間・友達に関する質問(交流)

あなたは先輩や後輩とどのように付き合っていますか?―面接(交友)

会社の仕事場にはさまざまな年齢の人がいて、そこには先輩や後輩の関係を複雑につくりあげている。学校にも上級生や下級生がいるので、もちろん先輩後輩の関係がある。そこで面接志望者は学校でどのような付き合い方をしているかにより、職場における上司や部下と上手に付き合うことが出来るかを面接担当者は知りたいのだ。

回答 1

私は天文部に所属していまして、そこでは同級生のみではなく、先輩や後輩とも気兼ねなく楽しみながら過ごしています。野球部やサッカー部などと比較しますと、先輩や後輩の意識が少ないかもしれません。しかし、先輩を立てるときは身を引きますし、後輩に対しては物事を教える指導的立場として接する機会もあります。

運動部と比べ文化系のクラブ活動は先輩後輩の上下関係はそれほど厳しくなく、和やかな雰囲気で活動しているケースが多い。しかし、和やかに活動することは決して「なあなあの付き合い」ではないということを知っておこう。目上である先輩に対しては、けじめを付ける機会もある関係であるかが大切だ。また、後輩に対しても先輩としての接し方ができていることもポイントとなる。

回答 2

私の学校には、1~3年生を縦割りに分けて催す体育祭があり、私は3年間とも、応援団を行いました。そこでは大変厳しい先輩後輩の関係を経験しました。先輩の卒業後も、変わらずによい付き合いが続いています。尊敬できる人たちが多くいますので、私も後輩からそのように思われるような関係を築けるよう努力しています。

クラブ活動に所属していなくても、体育祭や文化祭、又は委員会や生徒会などで、先輩や後輩に接することもあるはず。そのような場で自分がどのように接しているかを伝えると良い。余談として、面接担当者に経験を伝えるときの言葉遣いに気を付ける。いつも先輩に話しているからといって変に畏まりすぎる言葉は禁物。「~しております」など、体育会系のいかにもな言い回しは避けるようにしよう。

関連リンク / 仲間・友達に関する質問(交流)

次へ進む

トップーページ(面接)へ戻る

▲先頭へ戻る

わかりやすい【面接】