会社・労働意識に対する質問(会社)

あなたが希望する職場の人間関係とは?―面接(会社)

仕事内容が一人で行うことの多い職種であっても関係なく、会社(社会)というところでは人間関係をしっかりと築き上げることが重要になってくる。人間関係の構築について後ろ向きな姿勢の人は、会社で仕事をすることが不適格であると思われる。自分の持つ理想を大げさに語るぐらいアピールしよう。

回答 1

学校で生活するときもそうですが、会社で仕事をするときには、協調性がたいへん重要なことだと思います。お互いの良い部分を認識し合い、ともに尊敬できる関係を作っていきたいと考えています。

「協調性を重要視している」という性格は会社が求める大切な要素の一つである。このことを理解しているととれる回答は面接担当者に高く評価される。

回答 2

仕事を行うときは普段にはない厳しさで働き、仕事から離れたところでは、穏やかな雰囲気で接し合える、そのような人間関係を築くことが私の理想です。

仕事の仲間とただ仲良く付き合っていくのでは学校と何ら変わりない。関係が親密になりながらも、仕事に入ったときは妥協せずに本気で向き合える関係がよい。馴れ合いの関係は仕事の質を落とす原因ともなるし、ケガや事故を起こす原因にもつながる。

回答 3

私は他の人と競争することは苦手で、どうしても自分の力を100%発揮することが出来ません。そのことを理解しているので、人と付き合うときは一定の距離を保ちたいです。したがって、仕事場の人間関係につきましても自ら行動を起こすことはせずに先輩や上司に委ね、自分は仕事をすることに集中したいと思います。

人とどのように付き合っていくかは人それぞれであるが、「先輩や上司に委ねます」というのはあまりにも消極的だ。人と付き合うことが本当な苦手な方も面接の回答では「一定の距離を保ちたい」というのではなく「よい距離を保ちながら~」など、職場に配属されてから努力するような姿勢を見せたい。

関連リンク / 会社・労働意識に対する質問(会社)

次へ進む

トップーページ(面接)へ戻る

▲先頭へ戻る

わかりやすい【面接】