会社・労働意識に対する質問(会社)

あなたは「働く」ということを、どのように考えていますか?―面接(会社)

自分が働くことについてどのように思っているかをそのまま素直に告げると良い。しかし、給料に重みを置いて話すのは避ける。仕事で自分が成長していくことや会社や社会に貢献したいという気持ちなどを面接担当者に強くアピールすると良い。

回答 1

はい、「働く」ということは、全ての意味で豊かになることだと考えています。経済的な点はもちろんのことですが、人間的に成長したり、社会に貢献するなどの意味も含みます。

どこかマニュアルぽい回答であるが、こうしたことをはっきりと告げることが出来ればまず問題ない。あえて経済(給料)のことも含めて、成長と貢献を言及した点が評価できる。

回答 2

自分が労働した分、お給料をもらい、それによって日々の生活を支えることが出来ます。また、自分のみではなく、社会の発展のためにも、みんなが働くことは必要だと思います。

「自分の日々の生活のため」というのはもっともである。そのあとに「社会の発展に必要」とつなげているので前半で語った部分に説得力が増す。

回答 3

「働く」ということは、人間が生を全うするためにお金を稼ぐことです。そして、社会的な成功をおさめることにより、地位や名声を手に入れることも出来ます。そういった意味では、私にとって「成功するための道しるべ」でもあります。時間を惜しむことなく働くことに集中し、お金をたくさん稼いで、絶対に成功してみたいと思います。

夢物語を語るのは面白いし、それを実現させようとする強い意志が感じられる点も評価できる。しかし、お金・地位・名声などに重みを置いて語るのは俗物的な印象を与えてしまう。面接の場で語るのは控えるべきだ。

関連リンク / 会社・労働意識に対する質問(会社)

次へ進む

トップーページ(面接)へ戻る

▲先頭へ戻る

わかりやすい【面接】