面接開始時の質問(開始)

面接開始時(1)の質問

間接開始f時の質問は、本格的な面接に入る前の挨拶と捉えておこう。返答の内容を考えるより、元気よく答えることに注意すると良い。面接担当者の目をきちんと見て、ハッキリと答えるようにする。

質問 1 ・ お名前をどうぞ。

はい、高井祐介(※管理ハンドル名)です。どうぞよろしくお願いします。

このように直接名前を聞かれる場合と、「高井祐介さんですね」と確認される場合もある。どちらのパターンにしても初めの一声であるので、元気よくハッキリと告げよう。

質問 2 ・ 昨日の夜はきちんと眠れましたか?

はい、ほどほどによく眠れたように思います。

このように曖昧に答えず「よく眠れました」と断言しておこう。ほどほどやだいたいなどがつくと、緊張で眠りが浅かったのではと勘ぐられてしまう。

質問 3 ・ 緊張しているでしょうか?

そ、そうですね……あ、いえ……思っていたほど緊張していません……。

もし緊張しているのであったら嘘をつかず「緊張しています」とはっきり答えよう。面接担当者は嘘を見抜くプロである以上に面接希望者が緊張しているかを瞬時に見抜くことが出来る。また、緊張していることを素直に告げることによって自身の緊張を緩和することも出来る。

質問 4 ・ 今朝の起床は何時頃でしたか?

はい、今朝は普段より1時間早い6時に起きました。

面接のような大事なことのある日は、前日は夜更かしせず、当日はいつもより早めに起きるようにすると良い。朝は何かと忙しい時間であるため、時間に余裕があると気持ちにも余裕が出来るので、万全の体調で面接に臨むことができる。

質問 5 ・ 朝ご飯は何を摂りましたか?

はい、今朝はご飯、豆腐の味噌汁、焼き鮭、目玉焼きと簡単なサラダ、飲み物は牛乳というメニューです。いつもと同じような献立です。

もし朝食抜きで来たのであれば食べてきたと嘘はつかずに「朝食は摂ってきませんでした」と言う。食べていないのにさも食べたようにメニューを頭の中で作り上げて回答するのはNGだ。面接担当者は嘘を見抜くプロであるためすぐにばれてしまう。

関連リンク / 面接の質問(開始)

次へ進む

トップーページ(面接)へ戻る

▲先頭へ戻る

わかりやすい【面接】