面接突破するための8つのポイント

その7 会社研究を怠らない

会社研究を行う理由

志望する会社の経営内容といったことを知識として身につけることで入社意欲、仕事に対する情熱を伝えるため。

会社の知るべきこととは

会社を知ることの難しさ

自分が選択した会社である以上、入社意欲は大きいはずである。そうなると個人差はあるだろうけど、その会社を知りたいという欲求をもつものであろう。しかし、「会社を知る」ということは、容易いものではない。会社の大小関係なく、一朝一夕で情報を得るのは不可能だ。

社会的評価では真の情報とはいえない。自分の目で見て、耳で聞く作業が大切である。そして確認するべきことは多数存在するのである。

知名度やイメージに惑わされない

いままで耳にしたことのない社名や小さな会社でも、大きな会社に勝るとも劣らない技術を要していると言うことは珍しいことでない。ノーブランドであるといってもすばらしい会社は確かに多数存在する。そのことを理解するべきであり、知名度やイメージに惑わされないようにしなくてはいけない。

志望会社の魅力を面接担当者に納得させる

数ある会社の中から、なぜこの会社を選択したか、この会社のどこに魅力を感じたか、この会社でならない理由はあるのか、といった面接担当者からの質問に納得させる回答をしなくてはいけない。志望会社のどこに惚れたかを最初に考えて、これらの質問に回答できる内容をつくりあげていこう。

会社研究のための12のチェックポイント

  1. 資本金
  2. 社長や創業者のフルネーム
  3. 事業内容
  4. 最近の業績
  5. 会社の沿革
  6. 経営理念
  7. 社風
  8. 会社の特徴
  9. 強みのある分野
  10. 弱み
  11. 経営課題
  12. 会社の社会的イメージ

圧迫質問の対応

トップーページ(面接)へ戻る

▲先頭へ戻る

わかりやすい【面接】